万一の事態でも冷静に!自然災害に備えよう

私たちの場合、毎日自然災害等が生じると隣り合わせです怖いと現実逃避するのをやめて、国内の現状を意識してちゃんと準備しておくことで、緊急時でも生存可能性や被災した後の衣食住の環境がより良くなります。被災後の天気の細かい部分は、未知数です。雨天の所為で体が冷えて、身体の調子を崩してしまっては厄介でしょう。外気の気温急変の為に基礎体力を奪われる事だって想定されます。ウォータープルーフの物の用意と体温を保てる素材を選び、購入しておく様にしましょう。おうちですとか仕事場に置いてある家財道具に関して再チェックし、倒れ込みを防ぐ為の用具を設置する事や専門業者に工事をお願いすること、もしくは建物全体を手がける耐震改修工事などを事前減災の様に言います。時間を確保して確認しておいて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です